白毛が主流です。でも茶毛の飾り馬もあります。

f0247860_09373684.jpg
f0247860_09372837.jpg
f0247860_09373158.jpg
10号 奉書馬(手漉き和紙馬) 栗毛紫飾り

飾り馬は白馬だけでなく栗毛(赤茶毛)や黒毛の依頼も多々あります。

節句の飾り馬は白毛が主流です。
というもの古来、白色の動物は希少なので「神様の使い」とされてタテマツられていました。
それにあやかって我が子の健康を祈り神様に近い存在(白毛馬)を飾りました。

ですが、現代では医療の発展で出産から成人するまでの生存率が極めて高いですよね。
ですから”神頼み”の意味合いよりも競馬中継や大河ドラマ、時代劇に登場する勇ましい栗毛馬・黒毛馬を望む傾向にあります。

20・30年前まで白毛以外の依頼が少なかったので馴染みない・見かけない・知らない方々ばかりでしたが
現在はいろんな種類の飾り馬がありますよ。

新春 期間限定通信販売 第一弾 実施中(1月7日~20日)


うまかん工房
愛知県蒲郡市清田町上大内2-7
0533-68-3226






by umakan1 | 2019-01-12 10:24 | 飾り馬人形

うまかん工房コレクション集


by umakan1